へんずブログ

所感についてはほぼ日記です。

【E3】DEATH STRANDINGの最新PVが来たぞ‼【私的考察と新アクター解説】

  公開された最新トレーラー、本当に小島監督は映像の組み方が上手いですよね。何度も再生してしまいました。

 

 日本語吹き替え版の公開され、新情報が出てきましたので、まとめと共に書いていきたいと思います。

 

新トレーラー日本語吹き替え版セリフ文字起こしについてはこちら↓

【DEATH STRANDING デススト】新トレーラー 日本語吹替版 文字起こし【セリフ・声優】 - へんずブログ

 

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』E3 2018ティザートレーラー 4K(日本語音声)

www.youtube.com

上記がE3で後悔された新トレーラー。これとこれまでに公開された2本のトレーラーを含めた情報まとめと簡単な考察です。

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』PSX 2016ティザートレーラー:Low Roar Version - 4K - YouTube

 

 『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』TGA 2017ティザートレーラー 4K(日本語音声) - YouTube

 

 

 

KOJIMA PRODUCTION新作【DEATH STRANDING】を私的考察!

1.世界観について

 第1・第2のトレーラーを見る限り舞台は何かに汚染された地球なのかって感じがしました。ただ、新トレーラーでは美しい自然が溢れたオープンワールドを様々な運び屋が徒歩で進んでいる映像が流れていましたので、違う惑星であることも捨てきれませんが。

 

 ストーリーとして考え易いのは人類の文明が”爆発”によって”荒廃した世界っぽいですか。世界観的にはデンゼル・ワシントン主演の「ザ・ウォーカー」を想起させました。彼も聖書を届ける”運び屋”でしたしね。

 

 何らかの”爆発”によって荒廃した世界で主人公は運び屋をしている。所属するのはBRIDGESという団体。また世界には謎の”影”の敵がいて、それを避けながら物資を運ばなければいけないのでポーターが重宝されている。みたいな感じなんでしょうか。

 

2.現時点での用語・新語の推測

カイラルアレルギー

 この世界の敵(?)である”影”に関わり続けると発病する病?症状にレベルが存在するらしいです。”影”の敵がいるとカイラル濃度が上がるらしく、発症した人は普通見えないものが見えるようになったりする、のかな。サムはこれにかかっているけれど、絶滅因子のおかげで生活できているみたいです。

 

ドゥームズ

 カイラルアレルギーを乗り越えた人・もしくは発症しても耐性がある人(?)doomsdayは審判の日・滅亡の日って意味らしいですから、闇が深い組織なんでしょうね(適当)

 

FRAGILE

 そのドゥームズで構成された組織が、FRAGILE[HANDLED WITH LOVE]なのではないかと。レア・セドゥーが所属している組織ですね。新トレーラーから、彼女がサムを勧誘するシーンもありましたし。

 

BRIDGES

 サムが所属する組織かと。ただサムはサム・ポーター・ブリッジスと呼ばれてましたけど、これ所属を後につけてるだけなんですかね。伝説の運び屋とも呼ばれてましたから、サムだけに与えらる称号のようなものかもしれません。山本・海軍・大佐、みたいな。(適当)

 

赤ちゃんの入った容器

 今作で随所に現れる赤ちゃん。全く謎の存在なんですけど、”影”の敵から逃れる誘導灯みたいな役割果たしてるんでしょうか。第1トレーラーでは赤ちゃんとサムはつながれている状態で、かつ一心同体みたいな描写があったのも気になります。

 

”影”の敵

 地球に起きた”爆発”で生まれた生命と考えるのが妥当かと。ただ姿形は足跡(?)しか映されていないのと、おそらく重力を無視して歩いてるみたいです。今作の敵がこの1種であれば、人間やトラックを闇に引ずりこむのもコイツの仕で、第2トレーラーで現れは巨人の様な敵も”影”の敵の一種なのでしょうか。

 

時雨(?)時間雨(?)

 ときうと呼ばれる、触れたものの時間を進める雨。これも”爆発”から生まれた現象なのかな。”影”の敵が歩いた道に草木が芽吹いてたのは時間雨の影響なんですかね。

 

ボイドアウト

 新トレーラーで無線の男(大塚明夫)が発言していた「サム、奴らに喰われるとボイドアウトする!」というセリフ。聞き取自信が無いのですがVOID(=空所)OUT(=出る)ということであれば、第2トレーラーにあった海の中のような世界に連れていかれるんでしょうか。ハガレンでいう「持っていかれる」ようなイメージで。

 

クリプトビオシス

f:id:takahenz:20180614223424j:image

 「仮死状態」・「休眠状態」を表す単語だそうです。(参考:最新ミスの雑学がよーくわかる本ポケット図解:毎日飲む「水」の素顔を科学する 著:杉山美次)

 このシーンが1番狂ってて好きだったんですが、レア・セドゥが正面アップで抜かれ、指に足が生えたような肌色の芋虫(コイツがクリプトビオシス)を嬉しそうに口に入れくちゃくちゃ咀嚼するっていう、最高のSFに仕上がってました。小島監督ありがとうございます。この芋虫、以前のトレーラーでも海の中にうねうねしていたり、サムが口から吐き出したりしていました。”爆発”で生まれた生命の一つなんしょうかね。気になります。

 

3.各キャラクター考察と役者紹介

 3-1.ノーマン・リーダス…サム・ポーター・ブリッジス=運び屋(CV:津田健次郎

f:id:takahenz:20180614223109j:image

 海外ドラマ、ウォーキング・デッドのダリル役でおなじみの彼、twitterで良く自撮り挙げてくれてるんですけど、ほぼすべての写真が口を結んだ微笑で変わらずクールです。最近入れた入れ墨も新トレーラーで完全再現されてて驚きました。

 

https://twitter.com/kaizerkunkun/status/1006645932325081088?s=21

 

 作中での主人公。BRIDGESに所属する”伝説”と呼ばれる運び屋。カイラルアレルギーを発病しているものの、仕事を継続している。肩に探知機のような装置をつけて”影”の敵が襲い来る中でも冒険(?)してるみたいです。

 

 3-2.マッツ・ミケルセン…軍服を着た謎の触手男(CV:??)

f:id:takahenz:20180614223136j:image

 北欧の至宝マッツ・ミケルセン。こちらも海外ドラマ、ハンニバルレクター博士を熱演しています。情熱的でクール、美しすぎる演技が私も大好きなんですが、最近ではMARVEL映画「ドクター・ストレンジ」やスターウォーズ「ローグワン」でもいい役してましたね。

 

 作中ではまだ謎に包まれた役で、軍服を着て触手で白骨化した兵士を操っていました。黒い涙を流し(カイラルアレルギー?)佇む姿は痺れました。敵なのか味方なのかもわからないですが、新トレーラーでも同じ仕草(サイレントシグナル)を出している人物がいましたが、こちらは顔を隠していたのでわかりません。

 

 でも、敵なんだろうなッッ!そっちの方がカッコいいもんなあ。プレイアブルキャラになったら最高なんですけど。

 

 3-3.レア・セドゥー…FRAGILE所属のとげスーツの女(CV:水樹奈々

f:id:takahenz:20180614223152j:image

 フランスから世界へ放たれた女優、レア・セドゥー。ゲームなんだか映画なんだか分からなくなってきますね。もともとメタルギアって、ゲームの半分がムービーシーンだったりしたので、こうやって映画界で活躍する女優をゲームに登場させるのは堪りません。

 彼女で記憶にあるのは「ゴーストプロトコル」の暗殺者役だったか、「007スペクター」にもボンドガールとして出てたんですね、そういや。目つきの妖艶さが魅力的で、CG化されてもこの美しさは凄い。

 

 作中では謎の団体FRAGILEのとげスーツを纏い、サムを勧誘しています。時間雨をさける為に変な形の傘さしてり、終盤でぐろい芋虫を美味しそうに食べてたり、これからの情報解禁が楽しみです。

 

 3-4.リンゼイ・ワグナー…ラストシーンの謎の美女(CV:井上喜久子

f:id:takahenz:20180614223214j:image

 申し訳ないですが全く知らない女優さんでした。時間雨の影響を受けた一人なんでしょうかね。この時間雨、時間を進める効果があるなら一つ面白いのが、彼女は1949年生まれの68歳ですから、彼女が時間雨の影響を受けているのであれば演出的に最高にしびれますね。んでもってその日本語版吹き替えが永遠の17歳井上喜久子さんって!楽しいキャスティングしてくれます。

 

 3-5.ギレルモ・デル・トロ…ティザーで登場した大柄の男

f:id:takahenz:20180614223226j:image

 友情出演。かわいいおじちゃん。言わずもがな前年度アカデミー賞の監督。

彼については好きすぎて彼で記事1本書けるのでここでは触れずに進めます。

 

 3-6.その他

f:id:takahenz:20180614223333j:image
f:id:takahenz:20180614223329j:image

 残りの登場人物で挙げられるとしたら、サムと無線で会話していた人物(CV:大塚明夫)、ティザーでトラックに身体潰されてた人と、助けようとしてたおじさんくらいですかね。

 

4.”影”の存在と”運び屋”、そして…

 今作がどういうゲーム性をもって進んでいくのか、主人公がサムで、プレイアブルキャラも彼のみであると明言されてしまったので、彼の職業である”運び屋”がメインになってくると思います。

 

 荷物、時に人間を様々な方法で運ぶシーンが映されたり運んだりしてたので、”運ぶ”ことを通して、人と人の絆を繋ぐ物語になってくるんでしょうか。

 

 その中出会うのが”影”の存在。この世界での基準として捉えられるであろう存在に”如何に立ち向かっていくのか”がゲーム性につながってくるのかと思います。

 

 ”影”に対して立ち向かうのが運び屋BRIDGES、そして謎の組織FRAGILEが絡んでいくのでしょう。気になるのがマッツ・ミケルセンの立ち位置、新トレーラーで現れた謎の人物と考えるなら”影”側な気もしますが、どうなんでしょうかね。

 

 死体を使役してるマッツの映像から、ティザーの闇の海に捉えられたBRIDGESの味方を「すまない」と撃ち殺すシーンがありましたが、あれはこれ以上苦しまないための慈悲なのか、生きたまま捉えられると操り人形にされてしまうのかも。今後の情報解禁で見ていきたいです。

 

まとめ.どう”絆”を繋いでいくのか

 映画大好き人間の小島監督が今作を作るにあたり、多くの有名役者をキャスティングしているのは、小島監督的にも最高に気持ちいい仕事してるんだなあとニヤニヤしますし、私個人的にも最高です。”映画をプレイする”感覚が凄い楽しみです。

 

 小島監督はかなり詩的な表現が好きな方で、絆をストランドと呼んだり、読めない漢字をトレーラーに入れてきたりしてるところがこちらもくすぐられてワクワクするんで、これからも”ストランド”を使って私たちを楽しませてくれることを期待しています。

 

 A HIDEKO KOJIMA GAMEについては発売までいかに気長に待てるかが重要だと自覚しているので、発売がオリンピックまでには発売されるといいですね。

 

 

 最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

 

 

 追記:

【E3 2018】『DEATH STRANDING』最新トレーラーと小島秀夫監督からのメッセージが到着!

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7060/20180612-e3-deathstranding.html?emcid=cl_nsLink_Tw

 上手い文章書きますねえ、ほんと。こうやって小島信者は出来上がっていくんでしょうね。。