へんずブログ

所感についてはほぼ日記です。

【海外旅行】ハワイから学ぶ気を付けておくといいこと3点【マクドナルド・オウムおじさん・天気】

今回はハワイ旅行滞在で気付いた、というか気づかされたポイントを書いてみます。

 

ジャンルもバラバラなので興味のある方だけに刺さればいいなあ。

 

 

 

 

ハワイで知っとくと得するかもしれないコト

1.マクドナルドで気を付けておくべきこと

 

 ハワイ滞在でもお世話になったお店、マクドナルド。

ハワイアンというか、アメリカ人ってやっぱりジャンクフード好きなんでしょうね、時間帯によっては結構並んでました。

 

 バスガイドさんの話によれば、老人ホームで100歳を超えるハワイアンのおばあちゃんは、老人ホームをしばしば脱走し、卓球で汗を流して帰りにじゃyんくふーど食って帰ってくるそう。。

 

 まあ、それくらい生活文化に根付いているのがジャンクフードなんでしょうけど、購入時に注しておくべきこと、当たり前かもしれないけれど私が気になったことは

 

 ①ソフトドリンクはセルフサービス

 ハワイのマクドナルドはソフトドリンクが1.05ドルで購入でき、ラージサイズも無料です。ただコールドドリンク、冷たい飲み物はカップだけを渡されて自分でドリンクバーに入れに行きます。

 

 所感ですが、サイズはノーマルで十分かと。

 

 正直ノーマルサイズでもバカでかいのでラージ飲み続けたらすぐに太ってしまう。

 

 また、ワイキキ店では(ほかの店でもそうかも)、ホットコーヒーは無料でお替りできます。コールドドリンクとは違って商品受け渡しカウンターでお替りを頼む必要があるんですが、

 

 そのままだとブラックコーヒーを渡されて終わりになるので、お替りを持ってきてくれた時にシュガーとミルクを必要な人は伝えましょう。

 

 商品の受け取りは番号が印字されたレシートで受け取ります。店員を介さないタッチパネルの自動注文機もあったので、試してみるのもいいかもです。(自動注文機はクレジットカードのみ)

 

 そして商品の受け取り時、特にテイクアウトの時に注意しなければいけないのが、

 

 注文内容が間違ってないかの確認です。

 

 今回の旅行で私は3回くらいマクドナルドを利用したのですが、内2回が商品の間違いがありました。(商品不足と商品間違い)

 

 まぁアロハな国なので働いてる人も適当にやっているんでしょうけど、テイクアウトしてホテルに帰ってから間違いに気づくと交換しに行くのも億劫になるので、早めに確認しておきましょうね。

 

2.オウムおじさんに気をつけろ!

 

 マクドナルドに通う100歳のおばあちゃんを紹介してくれたバスガイドの人が、バスの中で繰り返し私たちに注意してくれていたのが、最近はやりのオウムおじさんについてでした。

 

f:id:takahenz:20180613084831j:image

彼です。

 

 

 海外の観光客を狙った詐欺のテンプレとして、フレンドリーに近づき無理矢理にサービスを押し付けてサービス料を要求するってのがあると思うのですが、

 

 路上で勧誘してくる大体の外国人はほぼ無視したほうがいいと思います。

 

 ストリートパフォーマーについては押し付けはしてきませんので、鑑賞後にはしっかりチップをあげるべきだと思いますが、詐欺に注意しましょう。

 

 このオウムおじさんってのは、観光客の目につくオウムを肩に乗せて、興味を示した観光客に「写真を一緒に撮ってあげるよ!」と近づき、撮影後にオウムの出演料として20~40ドル請求してくるそうです。

 

 強気な人ならふざけんなって突っぱねることも出来ますが、海外に不慣れな人は文化に戸惑い渡してしまいがちみたいなので、お気をつけ下さい。

 

 あと人前で簡単に財布を出すことも注意です。

 

 私も学生時代にイタリアへ友人と旅行に行った際、「ヨコハマ!」と話しかけてきた外国人にミサンガを無理矢理結ばされ、20ユーロ請求されたことがあります。

 

 その時は日本語で暴言を吐きつくしたら逃げていきましたが、

 

 一緒にいた友人はお金を払おうと財布を出してしまい、外国人に200ユーロほど財布から直接取られ逃げられました。

 

 ハワイは特に日本人観光客がシーズンオフでも1日5000人ほど来ているらしいので、詐欺被害は狙われがちです。

 

 フレンドリーな国でも、細心の注意を払って楽しく旅行しましょう。

 

 

 

3.ハワイアンは全員天気予報士になれる?

 トピックにするまでもないかもしれませんが、海外旅行って滞在時の天気が気になりますよね。

 

 ただ、今回お話を聞いたガイドさんによれば、

 

 天気予報は気にするだけ無駄だよ

 

 ってことでした。要はハワイの天気って本当に気まぐれにコロコロ変わるので、晴れの予報を見てても実際に突然のスコールに襲われることもありましたし、雨の天気予報をいい意味で裏切ってバッチリ晴れてくれることもあります。

 

 なのでガイドサイン曰く、

 

「毎日晴れ時々くもり、ところによりにわか雨って言えば、大体当たるから、ハワイアンは全員天気予報士になれるんです。」

 

 ってことでした。

 

まとめ

 今回はハワイアンのガイドに聞いた身になる話を書いてみました。

 余談なんですけど、この記事見た方、ホノルルの海岸沿いのマクドナルドに夜行く機会があったら、20~22時くらいに店外のオープンテラスを覗いてみてください。

 

 激渋でなプレスリーみたいなおじちゃんがいつも座ってます。

 

 悪役やってる時のジョントラボルタみたいな人で、格好良すぎて一見の価値ありです。

 

 でも、声かけて写真撮ってもらおうとしちゃだめですよ。

 

 ドル請求されますからすから(された)。

 

 

 最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。