へんずブログ

先日月間PVが1万を超えました。感謝です。ありがとうございます。

害悪喫煙者の思考 私がIQOSを使わない理由

どうも、喫煙者のけむりです。

特にテーマの無い話ですけど、世間の禁煙の流れはいよいよエレベーターの規制にまでなっているようで。

喫煙後45分はエレベーター禁止、厳しすぎない?:朝日新聞デジタル

 

喫煙者=悪みたいなのは自分としてかなり息苦しいのですが、ただ、喫煙後の呼気にも悪性があると言われると、迷惑極まりないと思うし言い返せないのです。

 

実際私の甥には、喫煙後の30分近づく事を禁止されています。これは当然だという自覚もあります。

 

んでIQOSやらグローやら、紙タバコの代用品についても私は持っていませんし買うこともしていません。

理由は私の喫煙のきっかけが、「かっこよかったから」です。

 

 

ゴッドファーザーやらルパン三世やら、ハードボイルドの格好良さに憧れて吸い出した馬鹿野郎なので、元も子もないんですが煙が出ないとイマイチ感じが出ないんですよね。

まぁこの理由も非喫煙者には理解されないんでしょうけれど。

 

喫煙後の呼気について言及してしまうともうボロ負けなんですが、ほぼ全ての喫煙者が守っているルールとしては

・喫煙場所を守る

・ポイ捨てしない

ですかね。

この辺のルールは大前提として、私の中では

非喫煙者の前では吸いません。

心優しい一部の非喫煙者は許してくれるので甘えちゃうんですけど。

でも許してくれるの理由が吸わないとイライラしそうだからであれば、ごめんなさいでしかない。

 

 

癇癪持ちでも無い限り、殆どの喫煙者はタバコ吸わないくらいでイライラが暴発する事はありません。結局そういう人間は、タバコに逃げているだけであって、タバコ吸う吸わない関係なくストレス耐性が低いんだと思います。

 

だから優しい非喫煙者の方々、

嫌な顔してみたら、意外と喫煙者はタバコ控えてくれたりしますよ。

 

では、これだけ禁煙ブームが来ている中、なぜ禁煙出来ないのか。

 

ひとえに辞める理由が無いからだと思います。

 

禁煙に成功した人って

・出産などの健康被害

・金欠

だと思うんです。

健康被害については、完全に他者依存だと私は思っています。好きな人が嫌がるからであったり、赤ちゃんに悪い空気吸わせたくなかったり。

 

結論、この禁煙ブームは、辞める人は辞めるだろうし辞めない人は絶対辞めないんでしょうね。

 

私は今まで2万回くらい禁煙宣言してるので、きっかけがあれば辞めるんだろうなあ。

 

あと、どの職場でもあるんでしょうけど、謎の喫煙休憩っての。

あれは本当に不必要でしょう。

単純に業務効率が落ちるし、非喫煙者の反感も買うのが当然。

 

喫煙者は、与えられた休憩時間で吸いましょう。

そしたら多少は、自分の周りの喫煙者に対する態度も変わると思います。

 

以上、駄文終わり。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。